MISSION 05 General Administration

MISSION 05 General Administration

管理部門として
さらなるグローバル化を
推進していく力になりたい。

コーポレート経営管理本部 経理グループ
アシスタントマネージャー

吉村 倫生

2008年入社

5年間実務を担当したのち海外に赴任。

5年間実務を担当したのち海外に赴任。

入社からずっと間接部門を歩んできました。当初の3年間は人事で勤怠管理や給与計算などの実務を担当し、その後財務に異動して2年間、決済関係、資金繰りなどを担当しました。入社時の社員数は現在の半数以下で、現在ならアウトソーシングするような実務に携われたのは、自分にとって基本を習得できたという点で良い経験になったと思います。入社6年目に中国への赴任が決まりました。管理部門に配属になるとゆくゆくは海外駐在をするというキャリアパスが多いのですが、28歳という若さでチャンスをもらえたのはありがたかったですね。

▲中国帰任前(2017年3月)
中国で4年、アメリカで2年キャリアを磨く。

中国で4年、アメリカで2年キャリアを磨く。

中国には4年間の駐在となりました。社員数200人以上の子会社で人事と総務を兼任し、人事面では海外拠点から日本本社への出向制度をつくったり、総務面では情報システムを再構築したり、社員旅行や忘年会の企画を立てたり、裁量の大きな仕事に関わらせてもらいました。また海外駐在におけるもう一つの役割として社長補佐があり、予算管理を行い、売上げ目標の設定、原価や経費の管理、経営計画などをサポートした経験が、現在につながる財産になっています。その後、アメリカに駐在し約2年間にわたって「ヒト、モノ、カネ」のリソース最適化を図り収益改善し、2019年の4月に日本に戻りました。

▲アメリカの内部倉庫 ▲アメリカの内部倉庫
グループ5社の管理会計に携わる。

グループ5社の管理会計に携わる。

帰国後は管理部門の経理グループに配属になりました。課長とともに管理会計を担当し、海外子会社を含む計5社のグループ予算を管理しています。どうやって売上げを伸ばすか、各部門の体制は最適か、どうやってコストを削減するかなどについて数字面から分析し、経営陣に提案します。また経営企画部と連携して中期経営計画に携わったりもしています。グループ予算をみているので自ずと海外拠点との連携も多くなります。これまで管理部門の仕事に幅広く携わってきた経験が生きていますね。

グループ5社の管理会計に携わる。
本社のさらなるグローバル化を推進する。

本社のさらなるグローバル化を推進する。

管理部門は小さなことから大きなことまで企業の屋台骨として機能します。たとえば自分が関わった人事制度で、海外から本社へ、本社から海外へ出向した社員が成長する姿を見れば嬉しいし、社員旅行を企画して感謝されるのも喜びです。10年選手になった現在の私の目標は、もっと大局的になり、管理部門から本社のグローバル化をいっそう推進していくことです。海外赴任の経験が大きいと思いますが、個人的に、グローバル企業としての社員マインドをもっと高めていく必要があると感じているからです。グループ間の人事交流、テレビ会議などを通した日常的な情報共有によって課題を解決する。そんな取り組みを少しずつ始めていますが、こうしたことをさらに前進させることが経営への貢献になると思っています。

▲中国の社内記念イベント ▲中国の社内記念イベント

MISSION

新卒採用
エントリー&マイページ
ENTRY & MY PAGE